image

SERVICES

東映ツークン研究所では、映像制作において最新のデジタル技術を使い、主に6つのサービスを展開しています。
またR&Dで研究された分野においても、次々とServiceへの展開を試みています。
東映ツークン研究所ができることを、まずはあなたの目で確かめてみてください。

Services

☆2021年4月、Vicon社製Vantageカメラを追加導入し、合計48台常設になりました。

激しい動きから繊細な演技まで、正確にCGモデルに反映できるモーションキャプチャー。 表情の動きを撮影し、CGキャラクターへ反映させるフェイシャルキャプチャー。体と顔が同期した自然な表現を求める作品には両方の同時収録が最適です。フェイシャルキャプチャーは 弊社スタジオだけでなくご指定の場所への出張撮影も承ります。
また、バーチャルカメラを使うと、実際のカメラマンのようにカメラを構えて動き回りながらCG空間内を撮影することが可能です。

Read More

ツークン研究所の提案する新しいバーチャルスタジオシステムです。マーカーも、グリーンバックも不要で、実写とCGのリアルタイム合成を行うことが可能です。
再現および架空のセットとして「デジタルセット」を制作し、合成のための背景や小道具などに活用することもできます。 より効率の良い映像制作を目指して、用途に合ったワークフローをご提案します。
デモを行っておりますのでご興味のある方はお問い合わせください。

Read More

映画やドラマ、CMなど、映像に関するVFX制作において多くの制作実績があります。
東映作品以外での実績もありますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Read More

限りなく人間に近づける表現を目指し、デジタルヒューマン研究に積極的に取り組んでいます。 研究開発としてだけでなく、企業関連やコンテンツ制作関連でも実績を積んでいます。

Read More

2021年4月、Light Stageの撮影サービスを開始しました。 ツークン研究所は2019年から米国USC大学ICT(Institute for Creative Technologies)が開発した、最新版のLightStage(ライトステージ)を導入し、研究開発を続けています。

Read More

当社がもっているさまざまな技術を活用して、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)など、よりインタラクティブなコンテンツを生みだすサービスです。施設・イベントに応じた企画提案を行います。

Read More

Options

image