image

SERVICES

image

東映ツークン研究所では、映像制作において最新のデジタル技術を使い、主に6つのサービスを展開しています。 またR&Dで研究された分野においても、次々とServiceへの展開を試みています。 東映ツークン研究所ができることを、まずはあなたの目で確かめてみてください。

Services

モーションキャプチャーは人間の体や物の動きを取り込んで、CGアニメーションを製作するサービスです。 アクターのダンスやアクションなど、演じた動きをCGモデルに反映させることができます。

Read More

アクターの表情を撮影し、CGキャラクターへ反映させるサービスです。 自社製超軽量ヘッドマウントカメラを使用した、アクター負担の少ない撮影が可能です。 フォトリアルな人物モデルから、セルルックのアニメ作品まで様々な用途でクオリティアップと作業効率化にご利用ください。

Read More

実際のカメラマンのようにカメラを構えて動き回りながらCG空間内を撮影することができるサービスです。 本物のカメラの感覚でカメラワークを作り上げたいときや、リアルな手振れによる臨場感ある演出などが可能です。手付けアニメーションでは難しく、調整にも時間の掛かるニュアンスの部分も、リアルタイムにCGカメラの映像を見ながらその場でカメラ演出を反映できます。高品質なプリビズを制作することでプロジェクトの効率化に大きく貢献します。

Read More

劇場作品のVFXをはじめ、AR/VRなど近年多様化する映像コンテンツの制作実績があります。 バーチャルプロダクションワークフローを確立して、 ゲームエンジンの映像制作への利用を積極的に推進中です。 様々な現場でデジタル技術を有効活用します。

Read More

ツークン研究所オリジナルのバーチャルスタジオシステムです。マーカーレスで簡単に、実写とCGの背景をリアルタイムで合成できます。 2018年9月よりサービスを開始しました。デモを行っておりますのでご興味のある方はお問い合わせください。

Read More

ツークン研究所が提案するリアルタイムワークフロー Unreal Stage(アンリアル ステージ)。 Maya、MotionBuilderとゲームエンジン”Unreal Engine”をリアルタイムでつなぐ新開発プラグインです。 ただのLive Link機能ではなく、監督やアニメーターのために磨き上げた便利な機能がたくさん入っています。

Read More

Options

image