image

News

デジタルヒューマンプロジェクトを始動します

ツークン研究所は、この度CGでのリアルな人間の生成(デジタルヒューマン)に本格的に取り組むため、専門の研究チームを立ち上げます。
デジタルヒューマンプロジェクトの重要なシステムとして、米国USC大学ICTが開発した、最新版のLightStage(ライトステージ)の導入を決定。





LightStageとは人間の顔のスキャンシステムであり、天球状に設置された多数の照明をコントロールしながら撮影することで、形状だけでなく、質感までも高精細に得ることができる最新システムです。

LightStageの導入時期は、2018年11月末~12月上旬を予定しています。 ツークン研究所はLightStage導入後、3年を目途に本格的なデジタルヒューマン研究の成果を上げることを目標にしています。

◎USC ICT 所長Hao Li氏のコメント
「日本のトップスタジオとコラボレートできることは大変楽しみです。エンターテイメント業界におけるデジタルヒューマンの技術革新を起こしましょう。」


◎LightStageについてはこちら(英語版)
◎東映株式会社プレスリリース