ZUKUN LAB. | ツークン研究所

MOTION CAPTURE

  • WORK FLOW
  • SYSTEM

フェイシャルキャプチャ

4月より、フェイシャルキャプチャサービスを正式に開始いたしました。
フェイシャルキャプチャとは、アクターの表情を撮影しCGキャラクターへ反映させることができる技術です。
ツークン研究所では、自社製HMC(ヘッドマウントカメラ)を使用したビデオベースでのリターゲット 方式を採用し、収録から解析、CGキャラへのアニメーション流し込みまで一貫して行うことができます。また、ボディと同時に収録することで体と顔の演技がシンクロしたより自然なキャラクター表現が可能です。

より快適で、高品質なキャプチャサービスを目指すツークン研究所

WORK FLOW

WORK FLOW

FACIAL CAPTURE

HMCスペック

  • カメラは1920×1080のフルHDサイズで最大60FPSの収録が可能です。
  • 約230gと非常に軽量で、長時間の着用でもアクターに負担の少ない設計です。
  • ワイヤレス収録で環境や動きに制限がなく、手元の端末で即時プレビュー可能です。
  • 簡易的な音声収録もでき、演技の流れやリップシンクの参考として活用できます。
  • 現在5台のHMCを用意しており、複数人での同時収録が可能。(5台以上もご相談ください)

以上は標準的なHMCのスペックです。
常に進化し、ご要望やケースにあわせた拡張を行えることこそが当社HMCの強みです。

FACIAL CAPTURE

マーカーレス・トラッキング

顔の各パーツの形状変化を解析することで、マーカーレスでの収録が可能となりました。
高解像度の収録素材から筋肉の微細な動きや口の突き出し、巻き込みなどの特殊な形状もしっかりと判別しCGキャラに反映させることができます。

リターゲティング

映像の解析結果から、お預かりするセットアップ済みキャラクターモデルのリグやブレンドシェイプに対してアニメーションを流し込みます。(対応形式Maya,FBXなど)

フェイシャルキャプチャ専門のデザイナーが、キャプチャの特性を最大限に活かした表情作りとアニメーションデザインを行うことで、精確な表情のトレースだけではなくより生き生きとした表現で品質の高いリターゲットが可能となり、以降のアニメーター作業が軽減できます。

FACIAL CAPTURE

リアル系、デフォルメ・セルルックや動物・モンスターなどあらゆるキャラクターに活用できます。

「動物×人間」のキャラクター制作例

フェイシャルアニメーションの効率化とクオリティアップが期待できるツークン研究所からの新しいソリューション。ぜひ一度ご相談ください。

サービスへのご質問等がございましたら、
こちらからお問い合せください。